パークサイドワン ハイグレード レンタルオフィス

Language:

SIA & CSR

社会的影響評価と企業の社会的責任

 1.  紹介

社会的影響評価(SIA)は提案されたプロジェクトがコミュニティに与える潜在的な影響を理解するために使用される先行予期ツールである。

現在の社会的影響評価はミャンマーの持続的な発展の為においてYPMのビジョンを適用して準備されました。

またYPMは、会社の利益(セクション6)を介して資金を供給される社会的責任プログラムを開発します。

 2. プロジェクト

2.1. プロジェクトの労働力

下のグラフはプロジェクトの労働力を表しています。区分別

  •     YPM建設の従業員:建物の改築に係わる従業員
  •     YPMオペレーションの従業員:ビル改築完成後、クライアント入居後のビルのオペレーションに係わる従業員
  •     クライアントの従業員:改築後YPMのクライアントの従業員が労働します。


このグラフはとても重要です。なぜならそれはYPMの雇用で地域社会からの多くのスタッフの流入を表しているからです。これらの労働者は地元のお店、レストラン、ティーショップ、ショッピングセンター、タクシー、trichaws、バスのための潜在的顧客となります。

 

PARKSIDE ONE Project Workforce

 

グラフ上の注意:1年間のオペレーションを示すように、グラフは2015年5月、意図的に停止しますが、プロジェクトは15年間実行されます。

 

このプロジェクトによって約500人の従業員がヤンゴンの他の地域からやってくるようになり、現金の流入の面で非常に重要なプラスの影響を与えることが予想される。直接的な影響は地元のお店や小さな家族経営の会社での収入の増加。間接的な影響はサービスに対する需要の増加により地元のお店での雇用機会の創出の可能性となります。

2.2. プロジェクト労働者のトレーニング

YPM及び、YPMの下請業者に雇われた熟練労働者と非熟練労働者建設労働者は全てYPMによって直接雇われています。。 YPMによって直接雇われた全ての建設労働者は安全•保証されたそれぞれ専門的な仕事のトレーニングを受けます。 YPPサイト責任者は、彼らの能力を開発するように仕事の質、労働者の知識の統合の両方を確保する方法として、訓練中に提供されたガイドラインや指針の遵守を確実にするために研修の過程で現場に常駐しています。

YPMは下請業者の選択にも注意をしています。具体的には、労働者の安全保障と児童労働に関する条項(YPMは無条件で児童労働に関わる請負業者と協力することを拒否します)は、業者との契約に追加され、特にYPM責任者によって追求されます。

2.3.プロジェクト労働力保障



建築とオペレーション両方の期間中、YPMの社会的責任を最大化は重要である。まともな生活の機会を確保するようYPMは適切に従業員に支払い、補償するために労働市場における給与水準に細心の注意を支払うことになります。傾向を常に監視し、YPMはミャンマーの市場の進化に対応するために、積極的•定期的に報酬と報酬政策を適応させます。

2.4. 安全性

YPMは職場での安全性を確保する事を約束します。

YPMは従業員が仕事に関連した面で(改築やオペレーション)安全研修に参加させ十分な防具を提供し安全な職場を提供します。



2.5. プロジェクトの終結

プロジェクトは、15年間を想定しています。YPMはハイグレードのオフィススペースの市場に取り組んでいます。この市場は現在拡大してこの10年間はそうし続けるであろうことが予想される。YPMは市場の進化に応じて価格設定を変更しますがこれはプロジェクトが高い入居率を予想される15年後最後に実行されることが予想されます。


2.6. プロジェクトの実行力

YPMの市場動向の評価は、隣国の景気低迷はミャンマーの経済成長予測および継続的な改革を検討する場合、プロジェクトに重大な影響を持っていません。

    
    3. 既存の社会経済環境に関するプロジェクトへの影響

現在の環境は(90年代に建てられた小さなマンションのユニット)といくつかのレストランや小さなお店のタイヤショップで構成されています。修道院はメインロード後方の近くに位置しています。プロジェクトから徒歩10分以内に2つの主要なショッピングセンター(ミニゴンとダゴンセンター)と遊園地があります。

投資の増加の経済改革の結果として、ミャンマーの土地価格が上昇しています。他の経済と同様に、これは土地•建物所有者を伝統的な職業から、より収益性の高い不動産開発に誘発し、土地構想の経済の方向を変更し、徐々に全体的なものとなります。

YPMの近隣では、沢山のタイヤと車のメンテナンスのお店があります。主にBagayarストリートですが、隣接する小さな路地にもあります。プロジェクトは上のグラフで述べた変化を起こす引き金とするには小さすぎますが、地元の所有者には開発の面で達成できるもののデモンストレーションとして役割りを果たすものとなります。なぜならば、BagayarストリートとDamazetiロードの角にある建物の可視性でYPMは持続可能な開発の原則を支持することを約束されています
    

  •     ポジティブな環境配慮への達成(セクション4)
  •     価値の高い建築の統合を実現(セクション5)
  •     社会的責任の達成、地域社会レベルでの内部(セクションXXX)と外部から(セクション6)
  •     中期的にはタイヤショップはビルの建築追加や改築によって新しいレストランや新しいオフィススペースになるでしょう。

    
    
    4. 環境への配慮とその社会的影響

YPMはミャンマーの持続的な発展に取り組んでいます。建物の向き(南向き)を考慮し、YPMは建物内部に自然により低い温度を取り入れ建物の断熱性を高めるために革新的なファサード技術を使用することにしました。これはプロジェクトの消費電力を減少させ空調の必要性を減少させる事になります。 YPMは従来の建物よりも少ない電力で稼動するので、これは近隣、広範囲のミャンマーのコミュニティの利益となります。

このファサード技術は高度に専門化された二重ガラス窓、ハイテク工場で組み立てられ、専門の技術者によって作られています。この技術は、ミャンマーではまだ不可能でベトナムから輸入されています。

また、YPMは現在、消エネを目指すスマート建築技術を模索しています。


    5. 都会そしてデザイン上の考慮事項とその社会的影響

YPMの建築とデザインの特徴に対するアプローチはとても慎重に考慮しました。
プロジェクトの基本理念は、ビルがミャンマーの伝統と国際規格、現代性を混合しながら、うまくその環境に統合することであった。
その結果、Bagayar通り南西のシュエダゴンパゴダを反映したようなガラスのファサードのよにミャンマーの伝統が組み込まれたビルになりました。
伝統と現代性をならう事に成功した事で、現代ミャンマーのイメージを構築する良い社会的影響を与えています。


    6. 企業の社会的責任プログラム

ミャンマーの持続的な発展を積極的にするために、YPMは積極的にプロジェクトのプラスの影響を最大化するようにしています。上述の要素に加えてYPMはYPMによって管理、企業の社会的責任としてプールファンドへの純利益の3%を割り当てることを約束しています。

YPMは、社会に最大化への影響を確実にするために、慎重な検討が必要であるとして、範囲と目標の面での企業の社会的責任プログラムの開発の段階にとどまっている。

  •     現地グループや団体や団体のサポート/社会若しくは持続可能な開発目的の近隣の団体
  •     サポートグループや団体/ヤンゴン、ミャンマーの他の部分の組織
  •     地域に関係なく、特定のテーマ領域に関わるYPMに繋がるコミュニティグループのサポート



最終的な指標は企業の社会的責任プログラム最終判断によりますが、CSRのプール基金の使用のための選択基準は、可能性が高いYPMの中核事業との関連、「関心のコミュニティとの関連」、「変更可測性」、「ターゲットグループ」の目標と過去の実績」になります。

確定したCSRプログラムの詳細関係なく、YPMは会社の行動に責任を持ち、環境、消費者、従業員、地域社会、ステークホルダーと公共圏の他のすべてのメンバーにその活動を通じてプラスの影響を奨励するようになります